2020/06/02

COUNTERWORKS、『KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM』第3期 の参加企業に決定

With / After COVID-19 におけるフレキシブルなリテール空間 / 商業施設DX を検証

 株式会社COUNTERWORKS(東京都目黒区、代表取締役 CEO 三瓶 直樹)は、京浜急行電鉄株式会社(横浜市西区、取締役社長 原田 一之)と株式会社サムライインキュベート(東京都港区、代表取締役 榊原 健太郎)が実施している「KEIKYU ACCELERATOR PROGRAM(京急アクセラレータープログラム)」第3期に参加企業に決定したことをお知らせいたします。

 KEIKYU ACCELERATOR PROGRAMは、「モビリティを軸とした豊かなライフスタイルの創出」をビジョンに、「移動のきっかけを生む」「移動を楽しく快適に」「移動した先を豊かに」という3つのコンセプトに沿った取り組みを各社と進め、将来的には過去の採択企業を含めた連携による総合的な価値創出を目指す、事業共創プログラムです。

 カウンターワークス は、よりフレキシブルでデジタル化された商業空間を構築するため、2つのサービスを提供しております。

  • ポップアップストアのマーケットプレイス「SHOPCOUNTER」(読み:ショップカウンター)https://shopcounter.jp/ 
  • 商業施設のデータドリブンな運営を支援するDX*1(Digital transformation)サービス「adptOS」(読み:アダプトオーエス)

 COVID-19 により、小売のオンライン化が急速に進行する中で、よりフレキシブルに、体験に特化した空間を創出し、商業空間のDX推進を図る目的でKEIKYU ACCELERATOR PROGRAMに参加いたしました。

 「移動のきっかけを生む」「移動した先を 豊かに」という2つのプログラムコンセプトを実現できるよう、3つの取り組みを推進してまいります。

  • 地元の生産者さまや販売機会を失ってしまった事業者のみなさまを支援する「地域応援型」ポップアップストア
  • オンラインを中心に販売されるD2C*2(Direct To Consumer)ブランドや家電など、体験型ポップアップストア
  • 商空間のデジタル化・DX推進(オペレーション含む)による、効率的な商業施設運営

KEIKYU ACCELERATORの詳細につきましては、以下をご覧ください。
http://openinnovation.keikyu.co.jp/

*1 DX(Digital transformation)
デジタル技術を活用し、業務効率を改善しつつ、新しい価値創出が行えるように変革していくプロセス。

*2 D2C(Direct To Consumer)
メーカーが製造だけでなく、消費者への流通・販売までも手がけるモデル。